生活を快適に

お風呂もキッチンもすべて電力で

リフォームは単に住まいの傷みや破損を補修するだけでなく新しい設備を積極的に導入する機会でもありますが、そんなリフォームの中でも人気が高いのがオール電化です。 オール電化とは家庭で使用するエネルギー源をすべて電力でまかなうシステムのことです。といってもエアコンや照明器具はすでにほとんどの家庭で電化されていますから、具体的には調理・給湯・暖房を電化することになります。 オール電化のアイデアは1980年代の後半から提唱されるようになりましたが、本格的な普及が始まったのは1990年代に入ってからのことです。この時期、時間帯別電灯という制度がスタートし、電力を消費する時間帯を分散させることでコストの節減が図れるようになったためです。

家計も一本化でわかりやすく

オール電化を実現するための具体的な設備としては、調理についてはIH調理器、給湯については電気温水器、暖房についてはパネル式の床暖房システムなどがあります。さらに停電時に備えた蓄電システムなどが組み合わされることもあります。 オール電化のメリットとしては、エネルギーを一本化して家計が管理しやすくなるという点が挙げられます。基本料金が電力のみとなるのでその分経済的でもあります。 また、熱を発生させる場合も直接火を使うことがないので、安全性という面からも利点があります。 さらに太陽光発電と組み合わせることで、エネルギーの自家生産・自家消費も可能になります。限りある資源の有効活用という点から、この3番目の利点が今後は大きくクローズアップされていくものと予測されます。